京都東山の岡崎エリアの散歩道が最高な件

コラム 日本語

京都といえば!?

と聞けば、京都以外の人から出てくるのは、

・金閣寺
・清水寺
・伏見稲荷
・10円玉の寺!

とかでしょうか。

もちろんそれも否定しません。特に今はコロナ禍で人が少ないので、人が少ない状態で見られる千載一遇のチャンスとも言えます。

ただ、この辺りのスポットはなんというか実にありきたりで、ツーリスティックな場所でもあります。もちろん僕自身もローマに行けばしょうもないと知りつつ、一応真実の口に行きましたし、何がオモロイねんと思いつつもシンガポールのマーライオンは写真を撮りに行きました。

旅人としてのマナーのようなモノな気がしてしまいますよね。

ただ、もし京都旅行が2泊程度しかないならば、前述の4箇所をすべて回るのは少しもったいないかなぁという気がします。近くにもすごく良い場所があるからです。

僕が運営する京都東山ウィズにご宿泊いただくお客様には2つの散歩コースをオススメしていますが、今日は久しぶりに自転車を出して回ってきたので、北東コースをご紹介します。

南禅寺

南禅寺

いきなり京都以外の人にはあまり知られていないけど、超有名なお寺です。京都に来てここに寄らないのは本当にもったいない。巨大な三門や、お寺そのもの、広い敷地に広がる庭園も美しいですが、注目はこれ。

南禅寺

南禅寺水路閣です。サスペンスドラマのロケ地として度々利用されるほどの美しさ。写真の通り紅葉の時期は最高ですが、普段でもたくさんの人で賑わいます。

南禅寺

建物がいちいちカッコいいので、写真も撮り甲斐があります。

南禅寺

忘れてましたが、南禅寺の手前には地元の人しか知らない隠れた名所、金地院があります。金地院については一つ記事を書いていますので、コチラから合わせてご確認ください。

永観堂

南禅寺の隣にあるのが、コチラ永観堂。同じく京都外の人にはあまり知られていませんが、コチラもとても美しいです。オススメはやはり紅葉の時期ですね。圧巻です。

永観堂
永観堂
永観堂

あ、ちなみに今回の記事の写真は全てマネージャーの星が撮っている写真です。カメラ初心者の方でしたら、撮影の相談にも乗りますのでお気軽にお声がけくださいね(^^)

哲学の道

金地院→南禅寺→永観堂とほぼ隣り合わせで移動してきましたが、またすぐ近くから名所があります。それがこの哲学の道。英語でもPhilosopher’s walkとして知られている、名散歩道です。どの季節でも歩いてるだけで癒やされまくるオススメのスポットなのですね。

哲学の道

近所の方がお世話している人懐っこい猫ちゃんなんかもいます。

哲学の道

ちょうどいい長さなので、景色を眺めつつ、森林浴をしつつ、考え事をするのに最適なのも名前の由来なのかもしれません。僕も今日あるきながら、コロナ禍でどうすべきかを考えていました(笑)

そして、銀閣寺、平安神宮と続くのですが、(銀閣寺の良い写真がないので)今回はここまでとしたいと思います。

すごーく良い散歩道だということだけ分かって頂ければ幸いです(^^)

ホテルはお決まりですか?

京都東山ホテル

もしまだ京都のお宿を決めていないようでしたら是非私が運営する京都東山ウィズへ!お食事だけでなく、地元情報を直接お伝えします!

Thank you for stopping by!!

おすすめ記事:京都東山ウィズについて